中村 幸喜(馬術) ( 23 歳 )

総合馬術競技で東京オリンピック出場、パリオリンピックには確実に出場!
アスリート情報

ジャンル 馬術
アスリート名 中村 幸喜(ナカムラ コウキ)
出身地 福岡県
性別 男性
生年月日 1995-09-03
活動エリア ヨーロッパフランス
活動拠点 フランス
所属 リトルホースクラブ(日本)
ホームページ
facebookページ https://goo.gl/Agziyz
好きなアスリート 武井壮さん
趣味 有名選手のビデオ観賞,格闘技観賞
アスリートからのスポンサーメッセージ・スポンサーするメリット
総合馬術競技の中村幸喜です。

明治大学卒業後に渡仏し、フランスのトップトレーナー指導の元、オリンピックを目指して活動しています。

・総合馬術とは

同一人馬のコンビで異なる3種目を行い総減点を競う競技です。

馬のトライアスロン!

主に1日目に馬場馬術を行い、決められた項目の華麗さを競い基準点を出します。

2日目にクロスカントリーを行い山や森、草原を駆け抜け途中に配置された障害物を飛び越えながら制限時間内にゴールを目指します。

3日目に障害馬術を行い、横木を落下させないようコントロールし制限時間内にゴールを目指します。

とてもタフさが必要な種目です。

・学生活動について

学生戦では2年生から3年連続日本一を達成。
3年次には世界大学馬術選手権(スウェーデン)で個人3位、
4年次は学生の枠を超えたU-22の全日本でも優勝。

2017年のアジア選手権(タイ)ではシニアの中で大学生1人日本代表とし出場

・やってみなきゃわからない精神。

馬術はスポーツで数少ない男女の区別がなく年齢の幅も広く、そして動物と共に行うスポーツです。

だからこそ競争率が高く、ベテラン選手が東京の3枠を狙っています。

私の今の技術では、先輩方には敵いません。あと2年。時間がないからこそ私はフランスへ修行にきました。ここからの成長次第では不可能ではない!と強く思っています。

しかし、成長のためには競技経験やトップトレーナーに教わる必要があります。

日本馬術連盟の2020馬術競技強化対策事業(総合馬術強化育成選手)では補欠選手となっており、補欠ではなければ連盟からの訓練馬や競技費のサポートが受けることができます。

私は補欠選手なのでこれらは全くありません。

現在、女手一つで育ててくれた母が唯一のスポンサーです。
応援してくれている人がいる以上、全力で目標に向かって走ります。
応援よろしくお願い致します。


【主な活動コスト】
・馬の購入
・馬の飼育コスト13万円/月
・トレーナー指導料6万5千円/月
・試合コスト(エントリー代、輸送トラック代など) 1ユーロ=130円計算

馬術競技では生き物とペアを組みます。もちろん馬の生活のケアもしなければなりません。

活動だけで年間約300万円必要です。

フランスではビザの関係で働くことができず、母が全て負担してくれています。


★★★スポンサーへのメリット★★★

SNSなどで発信していきます。

■SNS
友達数 2018年6月23日現在
・Facebook 1099人
 https://www.facebook.com/profile.php?id=100001783017569
・Instagram フォロワー532人
 アカウント koki0329jp
・ツイッター フォロワー616人
 アカウント @K0t0luNa

■国際馬術連盟公式スポンサーロゴ掲載について
 ※写真参考
 ①ジャケット胸 80㎠以内/シャツ襟16㎠
 ②馬ゼッケン 200㎠以内
 ③耳あて 75㎠(長さ7.5cm×幅10cm以内)
 ④クロスカントリー(3枚目画像)時、腕片腕に200㎠または両腕に100㎠ずつ

■飲食利用
 東京、福岡、フランスで可能
 利用可能なスパンはまだ未定です。

■イベント参加
日本帰国中の場合可能

■優待チケット
 世界の国際大会のチケットの詳細については現在はわかりません。
 オリンピックや世界選手権に出場の際は連盟と連絡をとり確保いたします。

■イメージキャラについて
 可能です。よろしくお願い致します。

■道具、用品の利用について
 ドーピングやルールにひっかからないものであれば、SNSでPR用の日用品からなんでも、喜んで使わせていただきます。


▲国際馬術連盟公式 スポンサーロゴ掲載位置


▲ヤングライダー選手権 優勝時の ウイニングランです。

推薦者からのメッセージ

推薦者名 財団法人日本オリンピック委員会
所属団体、チーム名
推薦者からのメッセージ 平成30年度オリンピック有望選手認定証
目標・実現させること
総合馬術競技で東京オリンピック出場、パリオリンピックには確実に出場!
活動実績・経歴
試合成績

2014年
全日本学生馬場馬術競技 個人2位

2015年
全日本学生総合馬術競技 優勝

2016年
全日本学生総合馬術競技 優勝(2連覇)
JOC総合馬術ヤングライダー選手権 2位
JOC障害馬術ヤングライダー選手権 2位
FISU世界大学馬術選手権 個人3位

2017年
JOC総合馬術ヤングライダー選手権 優勝
全日本学生障害馬術競技 個人優勝
全日本学生総合馬術競技 個人2位
総合馬術競技アジア選手権 日本代表

その他
日本オリンピック委員会認定
平成30年度オリンピック有望選手

日本馬術連盟
2020馬術競技強化対策事業
総合馬術強化育成選手 補欠選手
現在契約しているスポンサー企業


このアスリートを支援する