入江 優貴(サーフスケート) ( 27 歳 )

少しでも多くの方々にサーフスケートを通したライフスタイルで幸せになってほしい!
アスリート情報

ジャンル サーフスケート
アスリート名 入江 優貴(イリエ ユウキ)
出身地 千葉県
性別 男性
生年月日 1995-12-15
活動エリア 千葉県浦安市
活動拠点 浦安市舞浜スケートパーク
所属 フリー
ホームページ YouTubeチャンネル
SNSアカウント Instagram
好きなアスリート 本田圭佑さん
趣味 映画鑑賞、音楽を聴くこと
写真や動画を撮ること
またそれの編集など
アスリートからのスポンサーメッセージ・スポンサーするメリット
サーフスケーターとして主にInstagramやユーチューブで発信しています。
Instagramのフォロワーは現在1万6000人おり、多い時は一つの投稿で10万人以上にリーチすることもあり、サーフスケートをメインで発信している人の中では最多です。毎日アクティブに投稿しており、2020年から発信を初めて現在まで毎月1000人以上のペースでフォロワーが増えています。
Youtubeに関してはまだ日が浅く、これからもっと発信していこうと考えております。

現状として日本におけるサーフスケートの認知はここ数年で広がっているものの、まだ狭く、その理由としてサーフスケートは、サーフィンやスノーボードのオフトレとして使われていることが多く、サーファーやスノーボーダー以外の層に行き届いていないことが理由として考えられると感じております。

しかし、サーフスケートは老若男女誰でもが気軽に楽しめるものです。
その理由として、一般的なスケートボードはかなり認知が広く、始める人も多いですが僕の経験上でも大半の人が辞めていきます、なぜなら回転したり飛んだりとアクロバティックな技が多く、それに伴いすぐ怪我をすることが多いからです。怪我を恐れて技をかけるのを止めると、ただ滑っているだけで楽しくないと感じてしまう例が多いようです。
一方、サーフスケートの場合、回転したり飛んだりすることもできますが、それをしなくても十分に楽しさを感じれるものです、なぜなら一般的なスケートボードよりもタイヤが柔らかいのでよく進み、幅や長さがあるものが多いので安定しやすく、体重を傾けるだけでターンができて、容易に風を切る気持ち良さや好きな方向に滑りながら移動することができるので、怪我のリスクも少ない上に、早い段階で楽しさを感じられやすいスケートボードです。それに加えてサーフスケートには終わりがなく、ずっと探求して楽しむことができます。
僕の周りの一緒に滑っている仲間も、サーファー、スノーボーダーに限らず男女ともに色々な年代の方々が一緒に楽しんでおり、共通のライフスタイルとしてサーフスケートを通して仲間と色々なことを共有しながら人生の充実感を得ています。


サーフスケートにおいてのインフルエンサーとして、こんなに素晴らしいものの認知度が全国で行き届いていない現状が本当に悔しいです。

認知度が広まって、始める動機さえあればムーブメントを起こせると確信しています。

例えばタイではここ最近、サーフスケートが社会現象となっており、街がお金を出してスケートパークを作ったり、テレビCMや広告に起用されたり、都心の大きいショッピングモールに簡易的なスケートパークを設置して大会を開いたり、短期間でものすごいムーブメントが起きています。
始まりの発端は実は日本人で、タイでタレントとして活躍されている方です。彼がサーフスケートをタイに持ち込み、イベントを開いたりしたことがきっかけだそうです。僕がInstagramで知名度があったこともあり、彼とは連絡を取り合ったりすることもあります。
僕はタイのサーフスケーターの中でも認知度があるようで、イベントなどの招待を受けたりしていて、元々タイが大好きだったこともあって、いつか必ずタイでも活躍したいと思っています。  

タイでの一連のムーブメントをみるとわかるように、スケートボード経験のない老若男女が夢中になって楽しんでいることがわかります。逆に言えばスケートボード経験のない老若男女でも十分に楽しめるからだと思います。
同じようなこともしくはそれ以上のことが日本でも起こせると思っています。

僕はサーフスケーターのインフルエンサーとしても一人間としても小さいことからムーブメントを起こして、サーフスケートを通して多くの人に幸せになってほしいと本気で思っています。

ですがInstagram等の発信、個人の力では限界があります。正直悔しいです。
そこで今回は御賛同いただけるスポンサー様を探すべくこちらに登録させていただきました。
例えばサーフスケートとファッション、サーフスケートと健康、などと、サーフスケートに関連付けられるものはアイディア次第ではたくさんあるように、スポンサー様と僕がうまくかけ合わさって相乗効果でムーブメントを起こせることを信じております。

主な活動経費


定期的に決まった移動や用具の交換などはありませんが、おおよそ年間で30万円ほどかと思います。

その他でこれから活動して行く際にかかる経費などはご相談させていただければと思います。

スポンサーメリット


もちろん一方的な支援ではなく、かけ合わさって相乗効果でムーブメントを起こしていきたいと思っております。
タッグを組んで前に出て行く感じをイメージしております。
【飲食利用】
可能な限りで考えております。
【SNSでのPR】
Instagramフォロワー1万6000人、YouTube登録者435人、facebook友達2007人
【ロゴの貼付可能】
どこでも
【イベント参加可能】
参加可能
【優待チケット対応】
現在チケットはそもそもありません
【イメージキャラ利用】
利用可能
【トランポPR可能】
PR可能
【道具・用品の利用可能】
利用、PR可能
【そのほか】
上記にも示した通り、タッグを組んで進んでいきたいと思うので、winwinな関係を目指そうと考えております。


▲練習中の写真です、見た目がいい、見ていてかっこいいと思われる滑りを目指していて、それを示すための技の練習をしている時の写真です。


▲発信をしていくうちに仲間になった方々との写真です。

推薦者からのメッセージ
推薦者名 Coming Soon
所属団体、チーム名 Coming Soon
推薦者からのメッセージ Coming Soon
目標・実現させること
スポンサー様と共に進んでいきたいので、相談して決めていきたいです。
上記にも示した通り、少しでも多くの方々にサーフスケートを通したライフスタイルで幸せになってほしいと思っています。
最終的には、今で言うところのゴルフやサイクリング、スキーなどのように趣味やライフスタイルの一環、もしくは競技化ができれば競技として根付いて行くことを目指します。
活動実績・経歴
2020年初め頃からInstagramにてサーフスケートに関する発信を開始。

年末ごろにYOWというサーフスケートのブランドのアンバサダーに就任(年に一度ボードや洋服の支給のみ)

アンバサダーになってから現在まで1ヶ月1000人以上のペースでフォロワーが増加
ほぼ毎日サーフスケートに関する投稿を続けています。

去年の7月ごろYouTubeチャンネルを開設、同時期頃に個人向けにサーフスケートレッスンも実施しました。
現在契約しているスポンサー企業


このアスリートを支援する
RSS アスカツ最新記事
RSS Find-FC Funding