中村 航司(陸上ホッケー) ( 26 歳 )

競争から共創へ〜スポーツを宇宙に〜
アスリート情報

ジャンル 陸上ホッケー
アスリート名 中村 航司(ナカムラ コウジ)
出身地 富山県
性別 男性
生年月日 1993-11-07
活動エリア 埼玉県新座市
活動拠点 駒沢オリンピック公園 第一球技場
所属 メトロ東京ホッケー&アスリートクラブ
ホームページ ホームページ
SNSアカウント facebook
twitter
Instagram
好きなアスリート 本田圭佑
趣味 動画編集・読書・イベント企画
アスリートからのスポンサーメッセージ・スポンサーするメリット
陸上ホッケー競技に取り組んでいます。
ホッケーを初めて今年で16年目になります。
環境に恵まれて、U18日本代表、3度の日本一を経験しました。

「競争から共創へ」をモットーに今年、開業してコーチ・トレーナー、Youtube配信、オンラインサロン事業をしながら現役陸上ホッケー選手をしています。

ホッケーの普及のためにホッケーサミットと日本代表と学生選手を繋げて学びを深めるホッケーQ&Aというイベントの企画、運営、進行もやっております。

これまでトップを目指す環境にい続けました。
シャトルラン165回、Yoyoテストコンプリート「無尽蔵のスタミナ」という呼ばれるほどの体力を武器に競技生活を送ってきました。

家業の古本屋による読書習慣と スポーツ環境での実践から効果的なトレーニングと精神力を培い無尽蔵なカラダに繋げてきました。

16年の競技経験を通して、スポーツという閉鎖的な環境を経て

・スポーツ環境が整えにくい社会的、経済的問題
・閉鎖的環境の改善の必要性
・偏った競争主義によって発生する、育成や発展の阻害

を痛感し、多くの才能ある選手が競技を退くのを目の当たりにしてきました。

そこで「競争から共創へ」をモットーにこれからの多様な時代に選手としてのあり方業界のあり方について選手活動を通して表現していきながら起業家アスリートとしての可能性を伝えていきたいと思い今も選手活動をしています。

主な活動経費


オーストラリア(ホッケー男子世界ランキング1位)
海外遠征費用3ヶ月/50万

スポンサーメリット


ホッケー体験イベント
交流会
試合観戦案内
スポンサー広告権利
アスリート紹介
Youtube動画編集
オンラインサロン案内
サロンイベント案内
【飲食利用】
東京都10人・月1
【SNSでのPR】
Facebook/4250人
【ロゴの貼付可能】
背中
【イベント参加可能】
可能
【優待チケット対応】
オンラインサロン特別案内
【イメージキャラ利用】
可能
【トランポPR可能】
可能
【道具・用品の利用可能】
可能


▲社会人大会決勝戦の写真


▲国民体育大会時の試合写真

推薦者からのメッセージ

推薦者名 coming soon
所属団体、チーム名 coming soon
推薦者からのメッセージ coming soon
目標・実現させること
現在、私が最終的に目指すゴールとしては、楽しさ、感動を与える「スポーツを宇宙に繋げること」です
どのようにして宇宙に繋げていくのかを書いていこうと思います

簡易的に段階をまとめていきます
①協力者を見つける
→縁tranceの展開
→地道な情報発信・協力依頼
→ビジネスプランコンテストへの挑戦、内容の細分化

②スポーツに特化した交流型オンライン一括学習イベントのデパート化(サブスクリプション)
→各カテゴリーの外部イベント運営の仕組み化、協力者を見つける
(メンタル、フィットネス、ブランディング、スポーツマーケティング等)
→各業界普及イベントの仕組み化、連動
(各業界のプラットホーム化、実践ベースのコミュニティ作りサポート)

③グローバル展開
→現役ホッケー選手として海外に挑戦
→起業家アスリートとして影響力を作る
→人口ボーナスやホッケー人口の多い環境から展開(オーストラリア、ヨーロッパ、インド等)

④CtoC型のスポーツ特化マッチングサービス
→専門性の存続、副業化
→アスリートのパフォーマンスの向上
→サポーターとして実践の場、パフォーマンス管理
→ファンの学びの場、選手との交流機会

⑤VR・AR化
→5G時代の適応
→遠隔による臨場感ある競技サポート
→技術・研究開発

⑥スポーツ総合型施設
→AI活用・データの蓄積
→競技の分析技術の向上
→地域活性化・地方創生に向けた他産業の連携
→マーケットデータ蓄積
→資金調達・協力者の展開

⑦宇宙スポーツ
某企業が 2050年に火星に100万人を送るなど、宇宙に関する情報を入れていく中で、
自分の人生において関与したい想いが高まる
→宇宙環境下での健康促進
→楽しさ・感動のあるスポーツ文化の継承
→各競技が宇宙環境内での適応化、技術連携

かなり簡単な表現ではありますが、以上のビジョンを持って生涯かけて行動していきます。

この夢を実現するためには
「利己的に一人だけで取り組むのでは絶対に達成できません」

だからこそ、「協力」してもらえるように「与える」ということを突き詰めて取り組む必要があります。

少し余談ではありますが東京オリンピックがあるからこそ、夢にして全力で追いかけた方も大勢います。
その分夢半ばで終わった人もたくさんいます。
それは選手だけでなく、サポートしてきた方も少なくないのではないでしょうか。

新型コロナウィルスの影響もあり更にスポーツ・エンタメに繋がる素晴らしい才能の存続危機に陥っているのも肌で感じています。

悲しい現実として狭い世界でいるとその才能は、才能と気づけずに諦めてしまう人もいます。
しかし、少し外に出るとその才能は立派が評価されることがよくあります。

これまで膨大の時間を割いて築き上げられてきた
「素晴らしい才能を存続・継承」をしていきたいです。

国内規模でみた経済的な衰退はデータとして目に見えています。
これからより個人の時代に向かっています
個人で突き抜けるにはエネルギーが必要です

しかし、そんなエネルギーを持った人達が繋がれば相乗効果的にすごいパワーを発揮します

まだまだ規模は小さい「縁trance」ですが、すでに熱い想いを持った協力者が増えてきています。

そこで私自身が起業家アスリートとして表現していくことで、様々な方を巻き込んでいきながら実現出来たらと考えています。
活動実績・経歴
【活動実績・経歴】
ホッケー歴16年目

U18日本代表
インターハイ優勝
インカレ 準優勝
社会人大会 優勝
福井国体 準優勝
全日本選手権 準優勝
日本リーグ(H2) 優勝
現在契約しているスポンサー企業


このアスリートを支援する
RSS アスカツ最新記事
RSS Find-FC Funding