玉置 大嗣(セパタクロー) ( 25 歳 )

セパタクローからベンチャースポーツ界のレジェンドになります!
アスリート情報

ジャンル セパタクロー
アスリート名 玉置 大嗣(タマキ ダイシ)
出身地 神奈川県
性別 男性
生年月日 1993-12-06
活動エリア 神奈川県川崎市
活動拠点 横浜市立日吉台小学校等
所属 SC TOKYO/SC TOKYO Reson Detre
ホームページ 玉置大嗣ホームページ
facebookページ 玉置大嗣facebookページ
好きなアスリート 太田雄貴(フェンシング)
趣味 セパタクローを通じて仲間を増やすこと
アスリートからのスポンサーメッセージ・スポンサーするメリット
2016年に大学を卒業して以来、セパタクローで食っていくと就職活動もせずに、毎年夏にセパタクローの本場タイのプロリーグへの参戦を目標に一人で武者修行に行く日々を過ごしております。

タイに行くための資金はアルバイトで稼ぎ、クラウドファンディングで集めたこともありました。セパタクローを通じて多くの仲間ができて、ファンになってくれた方には応援してもらったり、時にはファンが想うアスリートとは何たるかをご指導ご鞭撻してもらいながら、セパタクローで感動を届ける「ファンファースト」を常に意識して活動しております。

2014年に初の日本代表になり活動している中、2017年1月に膝の大怪我で代表落ちし、そのプレーができない期間には、自分の所属する「SC TOKYO」の下部組織として『SC TOKYO レゾンデートル』を横浜に作りました。学生時代から修行に行っていたタイで学んできたことを、小学生世代からコーチングすることで、普及と育成にしっかりとコミットし、未来のセパタクローを発展させていくことにも力を入れております。

今後は、「SC TOKYO」と『SC TOKYO レゾンデートル』の発展を軸に、日本のセパタクローを盛り上げていく第一人者になれるよう頑張っていきます。


~~~スポンサーメリット~~~
●所属が小学生から社会人のクラブで、私が代表を務めているので、子供向けのコンテンツなどにも幅広く対応できます。

●SC TOKYOには歴代の日本代表選手が多く所属しており、日本でもトップクラスのクラブです。

●各種イベント等でのセパタクローのデモンストレーション、レクリエーションにも対応できます。

●タイ、台湾など海外によく行きます。

●SNSで海外へも露出することができます。
 ・Facebook、Instagramは約1500フォロワー
 ・Twitterは約800フォロワー

■飲食利用
 都内、横浜、川崎エリアで練習や大会後にチームメンバーと年に10回ほど

■SNSでのPR
 Facebookはセパタクローのあらゆることを発信。
 Instagramは自身のセパタクローの活動記録。 
 Twitterは日常からセパタクローの発信、スポーツビジネス系の情報収集、更新頻度が一番多くフォロワーの質から一番拡散力はある。
 noteは活動日記のような形で利用。
 以上、全SNSでPR活動可能です。

■ロゴの貼付可能
 練習着、ユニフォーム等。国内大会や、チームのセパタクローイベント等で露出可能。
 チームメンバーはトップチームで約30人 ジュニア世代に約20人 

■イベント参加可能
 スポンサーが開催する社内イベントやプライベートレッスン

■優待チケット対応
 現状、大会は観戦無料なので優待チケットはありません

■イメージキャラ利用
 写真利用は可能です。

■道具・用品の利用可能
 PR可能

■そのほか
セパタクロー界の第一人者になることはあくまでスタートラインだと考えています。
 選手として活躍し、またセパタクローを様々な視点から盛り上げて価値を引き上げていく。
 自分がセパタクローの価値を上げることで、収益化するモデルを作っていく上で、
 自分のようにセパタクローを盛り上げたいと考える人を増やして育成していきたいです。
 その方法は、同じようにマイナースポーツ、ベンチャースポーツを盛り上げたいと頑張っている方たちにシェアして、
 セパタクロー以外の競技の盛り上げにも貢献したいという想いがあります。
 様々なスポーツ選手との繋がりをこれからもどんどん作って、楽しみながらスポーツの価値を仲間と共に上げていきたいです。


▲大会でのサーブ


▲キッズ大会写真

推薦者からのメッセージ

推薦者名 髙野 征也(タカノ セイヤ)
所属団体、チーム名 SC TOKYO 
推薦者からのメッセージ セパタクロー界を盛り上げて頑張ってください!!!
目標・実現させること
アジア大会優勝 世界選手権優勝
活動実績・経歴
2010年
 広州アジア大会 チームレグ戦 第3位
2014年
 仁川アジア大会 ダブルス戦 第3位
2018年
 ジャカルタ・パレンバンアジア大会 チームダブルス戦 第3位/クワッド戦 準優勝
現在契約しているスポンサー企業


このアスリートを支援する