三船 陸(武術太極拳) ( 23 歳 )

僕ら双子は必ず世界の表彰台に立ち、皆さまと一緒に世界へ羽ばたいていきたいと思っていますので
どうぞよろしくお願いします。
アスリート情報

ジャンル 武術太極拳
アスリート名 三船 陸(ミフネ リク)
出身地 福岡県
性別 男性
生年月日 1998-10-17
活動エリア 大阪府西淀川区
活動拠点 大阪武術太極拳トレーニングセンター
所属 大阪武術隊 
ホームページ
SNSアカウント Instagram
好きなアスリート ウェイトリフティングの笠井武広さん
趣味 音楽鑑賞、コーヒー
イラストデザイン
アスリートからのスポンサーメッセージ・スポンサーするメリット
僕は三船仁という双子の弟と一緒に、武術太極拳の日本代表選手として活動しています。
(三船仁選手もこちらのfind-fcに登録しております。是非応援お願いします。)
福岡出身ですが、競技の指導者である親父への親孝行をしたい、
自らの夢を叶えたいと思い、地元を飛び出して大阪、
東京でそれぞれ強化選手として活動をしています。
昨年は双子で揃って全日本チャンピオンになりました。
世界の表彰台にも、揃って立つような選手を目指して来年以降も頑張っていこうと思っていますが、
海外のプロ選手に僕らアマチュアである日本人が勝つためには、通常の努力では足りません。
身体強化や跳躍難度訓練など、プロ選手とは違う切り口で武術と向き合う必要があります。
その中でも特に、中国のトップチームでの特別訓練が必要不可欠です。
ただ学生をしながらの選手生活では金銭的に厳しく、
練習時間を削れないため皆様の応援が必要になります。
僕ら双子は必ず世界の表彰台に立ち、
皆さまと一緒に世界へ羽ばたいていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

主な活動経費


練習費24万円/年間、競技用具費8万円/年間
その他特別遠征費50~100万円(中国の国家隊への特別訓練等)

スポンサーメリット


武術太極拳はマイナーな競技ではありますが、アジア大会の正式種目であり、
オリンピックの追加種目の候補でもあります。
これから盛り上げていける競技であり、
この競技で選手個人のスポンサーがつくことは珍しいので話題性もあります。
また、実際に戦う格闘技ではなく‘’魅せる‘’事に特化した競技ですので、
企業様のPRにも使いやすいです。
前述した通り選手個人を支援するだけでなく競技そのものを盛り上げていけるので、
企業様にとっても認知度アップに繋がります。
そして、双子であることによる知名度の高さ、宣伝効果は個人の二倍!
ベテラン選手の引退、選手のランクが最高ランクのAに上がったことで、
これからますます成績、知名度ともに向上していきます。
競技生活もまだまだ続けていこうと考えているので、
長く企業様への貢献をしていけたらと思っております。
【飲食利用】
大阪府内であれば基本的に利用可能。西淀川区内であれば所属チームでの利用が可能(30名程)。
【SNSでのPR】
Instagram、Twitter、FacebookでのPR可能。現在最も使用しているのはInstagram
【ロゴの貼付可能】
試合時に着用する表演服の袖などにスポンサー様のロゴ貼付可能。
【イベント参加可能】
社内イベント等、依頼があれば参加可能。
【イメージキャラ利用】
写真利用可能。
【道具・用品の利用可能】
基本的なトレーニングウェア、シューズ等は練習時等で利用可能。


▲第36回全日本武術太極拳選手権大会に出場した際の剣術の演舞。鋭く早い動きを得意とする。


▲上海で行われた第15回世界武術選手権大会に出場した際の長拳の演舞。
この大会で日本人初となる難度を成功させた。

推薦者からのメッセージ

推薦者名 Coming soon
所属団体、チーム名 Coming soon
推薦者からのメッセージ Coming soon
目標・実現させること
私達は双子で武術太極拳の選手をしている。
将来の夢は、武術太極拳の世界で選手としても指導者としても大成していくことである。
まずは選手として活動を続けて、国際大会でメダルを獲ることが当面の目標である。
我々は昨年、トップレベルの高難易度跳躍技を日本人で初めて成功させ、
トップランカーのプロ選手に肉薄するまでに至った。
結果はメダル獲得に届かなかったが、
初の国際大会で十分な手応えを感じることができたと思う。
来年、アジア選手権が開催予定であるので、まずはそこでのメダルを目標にしていく。
福岡の小さなチームで昔から頑張ってきた兄弟で日本代表となり、
プロ選手が独占する表彰台に二人で上がることができたら最高である。
また、ずっと僕らを応援してくれている両親に恩返しができる。
引退目標は2024年の日本開催のアジア大会と決めているので、
それまでアマチュア選手としての、世界への挑戦を続けていくつもりだ。
そして、選手を引退した後は福岡に帰り、父親と兄の3人で、
今度は指導者として福岡の武術太極拳を盛り上げていきたい。
弱小と言われる福岡に、国際仕様のコートが敷かれた専用の練習場を作り、
自身の経験とスキルを踏まえ、世界で戦えるような選手を育てていきたいと考えている。
ゆくゆくは、チームから世界へ行くのではなく、
「我がチームこそが世界だ」と言えるようなクラブチームを作っていきたい。
活動実績・経歴
競技歴 17年
高校生まで実の父親が運営するチーム「中国武術 青藍拳社」に所属。
大学進学と同時に自選難度競技のトライアウトを受け、難度選手としての活動を開始。
この時から大阪の強豪チーム、「大阪武術隊」に所属。

ジュニア(高校生まで)
第32回全日本武術太極拳選手権大会
* 長拳A 男子 5位
* 槍術A 男子 1位
第24回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会
* 国際第三套路 男子長拳 4位

シニア(大学生から)
第35回全日本武術太極拳選手権大会
* 自選難度長拳 男子 5位
第36回全日本武術太極拳選手権大会
* 自選難度長拳長器械 男子 1位
日本代表選出
第15回世界武術太極拳選手権大会
* 自選難度長拳 7位

また、去年の結果を受けて大阪府教育委員会から表彰を受ける。
2022年、東京で行われる第3回武術W杯への代表内定済み。
現在契約しているスポンサー企業


このアスリートを支援する
RSS アスカツ最新記事
RSS Find-FC Funding