戸取 大樹(インラインスピードスケート) ( 39 歳 )

世界選手権10位以内、日本記録樹立を目標にしています。
アスリート情報

ジャンル インラインスピードスケート
アスリート名 戸取 大樹(トトリ ヒロキ)
出身地 東京都
性別 男性
生年月日 1981-11-17
活動エリア 東京都板橋区
活動拠点 道満グリーンパーク
東京ドームローラースケートアリーナ
所属 TOKYODOME ROLLER X SKATE ARENA
早稲田大学卒
ホームページ ホームページ
戸取大樹へのご支援はこちら
戸取大樹のオリジナルグッズ購入はこちら
SNSアカウント facebook
twitter
Instagram
好きなアスリート 野茂秀雄
趣味 料理、菓子作り、絵
アスリートからのスポンサーメッセージ・スポンサーするメリット
幼稚園の時にローラースケート場で開かれた夏休み教室で出会ってから
35年あまり競技を続けています。
2007年から日本代表に入り現在まで代表としてアジア選手権、世界選手権に出場しています。
一方で、海外のプロ大会に単身挑戦し続け、
この13年で20カ国以上の国々でスケートをしてきました。
日本人選手はまだ海外志向が低く、ほとんどの国で初の日本選手として迎えられ、
挑戦し続けてきました。
2013年シーズンには日本人として初めてアメリカのプロリーグ
[NSC(National Speedskating Circuit)]で活動しています。
 年齢的にはベテランに入っていますが今が一番速く、
向上する限り挑戦し続けるつもりです。

戸取大樹へのご支援はこちら

主な活動経費


遠征費・練習費  年間150万円
用具     年間50万円(靴、タイヤ、ウエア、トレーニング用品等)
ボディケア 年間15万円
補助食品等 年間8万円

スポンサーメリット


企業広報に使える活動レポート(およそ2ヶ月1度)にや写真等を提供します。
ウエアやヘルメット等および個人ウェブサイトに企業ロゴを掲示します。
SNS(facebookページ、instagram(現1500フォロワー)等)で企業情報を発信します。
商品がある場合は活用レポートを作成します。
【飲食利用】
都内、埼玉県南部
【SNSでのPR】
instagram(1500強)、Facebookページ(800強)、facebook(1300強)
【ロゴの貼付可能】
ウエア、ヘルメット、個人サイト
【イベント参加可能】
喜んで参加します。
【優待チケット対応】
なし
【イメージキャラ利用】
ぜひご利用ください。
【トランポPR可能】
可能です。都内、関東南部および長野や岐阜などの大会遠征先。
【道具・用品の利用可能】
可能です。(現在8社実施中)
【そのほか】
社内向けのスケートレッスンやインラインスケートを使ったフィットネストレーニング

戸取大樹へのご支援はこちら


▲2019年世界選手権(バルセロナ)マラソン種目


▲アメリカプロリーグNSCでのレース

推薦者からのメッセージ

推薦者名 coming soon
所属団体、チーム名 coming soon
推薦者からのメッセージ coming soon
目標・実現させること
選手としては世界選手権10位以内、日本記録樹立を目標にしています。

オランダのスケート場で見た光景が今の活動の出発点になっています。
平日のまだ日の傾く前の頃、
トレーニングで訪れたスケート場には小さな子どもから80過ぎの老夫婦まで、
大きなリンクを埋め尽くすほどの人で溢れていました。
その中には若者だけでなく働き盛りの世代まで、
あらゆる年齢の人がスポーツを楽しんでいたことに衝撃を受けました。

今国内では2つの谷があると考えています。
時代とともによくなってきているのも感じますが、
日本ではまだスポーツはどこか学生のもの、
あるいは一部の選ばれた(変わった)大人がやるものという意識が残っているように思います。
一番充実するはずの20代30代40代でスポーツから離れ、その後再び戻るのは大変です。
その世代の谷間がとてももったいないと思っています。

また一方で、プレイヤーでい続けることが簡単でない社会では
プレイヤーが過剰に持ち上げられ、一般の人からはどこか遠い世界の話、
近寄りがたい存在になりがちです。
始めたばかりの人も気軽にトップ選手に話ていたり、
遊びや草レースのレベルからアマチュア、
プロまでなだらかに続くスポーツ環境も日本に根付かせたいと思っています。

現在、選手活動と並行してスケート場で教室をしたり、インストラクターの指導もしています。
どのレベルでもスポーツが楽しめる場を作るのが僕の目標の一つです。
そのために、自身がプレイヤーとして戦い続けることも大事なことだと考えています。

戸取大樹へのご支援はこちら
活動実績・経歴
全日本トラックレーススピード選手権 準優勝
全日本インラインロードレース選手権 優勝
全国ローラースケートマラソン 準優勝
東日本スピード選手権 優勝
国際インラインスケート岐阜長良川大会 2連覇
国民体育大会(第68回デモ競技) 3位

WORLD CHAMPIONOSHIP 28位
ASIAN CHAMPIONSHIP 6位
ASIAN ROLLER SKATING MARATHON 7位
PARIS ROLLER HALF MARATHON 4位
CHINA ROLLER SKATING OPEN 準優勝
NEW ZEALAND NATIONAL CHAMPIONSHIP 3位
AUSTRALIA NATIONAL CHAMPIONSHIP 3位
COPENHAGEN INLINE CHALLENGE 優勝

アイススケート競技
国民体育大会 出場(第65回、第66回)
現在契約しているスポンサー企業


このアスリートを支援する
RSS アスカツ最新記事
RSS Find-FC Funding